【実体験】イギリスのペット事情 木を咥えた犬に遭遇した話

ペットの飼い方にも国による違いがあることをご存知ですか?

日本と同様にイギリスの代表的なペットは犬です。今回は、留学中に感じた日本とイギリスのペット事情の違いについてお伝えいたします。

スポンサードサーチ

サイズ感が全然違う

ここ数年、日本ではトイプードルとチワワが人気ですよね。

一方、イギリスではコーギーやビーグルなどをよく見かけました。国によって人気な犬種も違うようです。他にも、ラブラドールレトリバーのような大型犬もよく目にしていました。

全体的に日本で飼われている犬よりもサイズ感が大きいのが特徴です。

躾の徹底度合いがすごい

日本にもペットのしつけ教室がありますが、しつけにそこまでお金をかけている飼い主さんは少ないのではないでしょうか?おうちのトレーニングでも「お座り」や「お手」はできるようになりますよね。

イギリスのペットは徹底的に躾されています。どれくらいの躾レベルかと言うと、「リードなしでも飼い主と一緒に歩ける」レベルです。(リードとは犬につなぐ紐のこと)

日本の公園などではペットをリードにつなぐことはマナーとなっています。リードにつないでいないとどこかに走って行ってしまうかもしれませんし、飼い主にとってもリードはあった方が安心だと思います。

イギリスではリードなしで散歩することが通常で、逆にリードをしている犬に会うことはありませんでした。

休日の公園では、リードをしていない犬が自由に走り回っている光景が見られます。自由にのびのびと走り回る姿は見ていて癒されました。躾をしっかりしているからこそできることですよね。

全員すっぽんぽん

イギリスの犬は、みんなすっぽんぽんの真っ裸でした。(言い方)

どうやら服を着せる習慣がないようです。日本では散歩をしている犬の9割程度が服を着せられていますよね。これも日本との大きな違いかなと思います。

木の棒を咥えた犬の話

ここまでイギリスと日本のペットとしての犬の違いをお伝えしてきましたが、最後は、私がイギリスで初めて出会ったわんちゃんとのエピソードについてです。

寮から大学まで、少し暗い森のような道を通って通っていました。特に危ない目にあったことはありませんが、夜一人で歩くのは少し怖いような感じの道です。

ある日、いつもと同じように大学に向かって歩いていたら、向こうから太い木の棒を咥えた中型犬がリードなしで走ってきました。木の棒を咥えているという衝撃、リードをしていないという衝撃のダブルパンチでとても怖かったです。襲われるんじゃないかと思いました。(真面目に)

実際は飼い主に忠実な犬で、飼い主が待つように指示するときちんと待っていられるとてもお利口な犬でした。イギリスの犬は躾が徹底されていることを知ってからリードをしていない犬に出会っても怖くなくなりました。

みなさんも、もしイギリスでリードをしていない犬に会ってもびっくりしなくて大丈夫です!

それでは:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です