英単語・フレーズ

pharmacyとdrugstoreの違いは何?違いを知ってレベルアップしよう

pharmacy drugstore 違い

わんこ
わんこ
pharmacyとdrugstoreって両方「薬局」って意味だけど、

違いってあるの?

そんな疑問を解決します。

pharmacyとdrugstoreの違いは何?

まずは、pharmacyとdrugstoreのそれぞれの意味を確認しましょう。

pharmacyの意味

pharmacyは薬局を指し、主にイギリスで使用されています。

pharmacyでは、市販の薬を自分で選んで購入することが可能です。

drugstoreの意味

drugstoreはドラッグストアを指し、主にアメリカで使用されています。

drugstoreでは、自分の意志で薬を選んで購入することはできません。

医師の処方箋をもとに薬剤師が薬を調剤します。

イギリスでは、drugstoreは基本的に使いません。

薬剤師が薬が調剤するドラッグストアのこともpharmacyと言います。

pharmacyとdrugstoreの違い

pharmacyとdrugstoreには共通して「薬局」という意味がありますが、それぞれ異なる意味を持ちます。pharmacyとdrugstoreの違いをまとめると下記の通りです。

pharmacyとdrugstoreの違い

pharmacy:

  • 処方箋をもとに薬を処方してくれる調剤薬局
  • 主にアメリカで使用

drugstore:

  • 薬以外にもシャンプーや化粧品も売っているウェルシアやマツモトキヨシのようなドラッグストア
  • 主にイギリスで使用

pharmacyとdrugstoreを使い分けないとどうなる?

pharmacy drugstore 違い

留学中のあるエピソードを簡単にご紹介します。

インド人の友達、日本人の友達と3人で話していた時、日本人の友達が「drugstoreに行こう」と言ったところ、イギリス英語に親しみがあるインド人の友達には、”drugstore = 麻薬を売るところ”というイメージがあったため、とても驚いていました。

危うくとんでもない勘違いが起きるところでした。

 

このようなことが起きないよう、pharmacyとdrugstoreの違いを理解して正しく使い分けましょう。

ABOUT ME
ティンク
英語力(資格:TOEIC950点、英検準一級)やイギリスへの留学経験、海外旅行好きを活かして役立つ情報を発信中!興味のある方は是非目を通してみてください:)