未分類

【徹底解説】Look・Watch・Seeの違いは何?同じ意味だけど違う意味の英単語

Look・Watch・Seeの違いを説明できますか?全て「見る」という意味ですが使う場面が違ってきます。正しい使い方を徹底解説いたします!

Look・Watch・Seeの違い

・Look = 意識的にみる

・Watch = 動きのあるものを見る

・See = 視界に入る

この3点を覚えてしまえば完璧です。

解説(例文付き)

それでは詳しく解説していきます。

例文①:ハナコと映画を見に行きました

映画は「見に行く」ものなので“See”ではないことはすぐに判断できます。

“Look”か“Watch”かは、映画とは何なのかを考えるとすぐ“Watch”であることが分かります。

英訳:I watched a movie with Hanako.

例文②:昨日タロウを見かけました

「見かけた=意識的に見たわけではない」と判断できるため、“See”が適切です。

英訳:I saw Taro yesterday.

例文③:これを見て

「これを見て」と指示する時に、「視界に入れて」という意味では使いませよね。つまり、「意識的に見る」と言うことです。

英訳:Look at this.

その他の「見る」

上記で説明してきた3つの単語以外にもいくつかあります。

・Glance:チラッと見る

・Stare:ジロジロ見る

・Witness:目撃する

一歩上を目指したい方はこれらの単語も正確に使い分けるようにしていきましょう。

まとめ

Look・Watch・Seeの違いは理解できましたでしょうか?

正しく使い分けてレベルアップを目指しましょう!

それでは;)

ABOUT ME
ティンク
英語力(資格:TOEIC950点、英検準一級)やイギリスへの留学経験、海外旅行好きを活かして役立つ情報を発信中!興味のある方は是非目を通してみてください:)