日本と海外の接客スタイルの違い|あなたはどちらが好きですか?

以前、このようなツイートをしました。

日本に帰国した時に感じた初めての逆カルチャーショックは接客態度の違い違いでした。どちらがより良いというのはありませんが、私は日本の接客は過度であると度々感じます。

おすすめ:【留学あるある】帰国後に起こる逆カルチャーショック

スポンサードサーチ

日本の接客スタイルの特徴

まずは日本の接客スタイルの特徴についてです。海外に留学していたからこそ気付いたことが多いです。

とにかく丁寧

日本の接客スタイルはとにかく丁寧なことが特徴です。そして、高級レストランだけでなくファミリーレストランでも丁寧な接客を提供しているとこも日本ならではです。

お客様は神様扱い

「お客様は神様」という接客スタイルで、客側に非がある場合でも接客側が下に出て対応するという少し異常な状況もよく起きていますよね。

「いらっしゃいませ~」と叫ぶ

海外では「いらっしゃいませ~」と叫ぶ店員はいません。「Hello」と言ってくれる店員もいますが、日本のように義務化されているものではないので、お店に入っても静かなことも多々あります。

海外の接客スタイルの特徴

海外の接客スタイルの特徴を見ていきます。

お給料と接客スタイルが比例している

イギリス留学中や海外旅行をしている時に感じたことは、「お給料と接客スタイルが比例している」と言うことです。お給料を多くもらっていそうな高級レストランに行くと、とても丁寧な接客でおもてなしをしてくれます。

一方で、お給料があまりよくないスーパーでは店員同士でお喋りしながらレジをしていることも多々ありました。

客と店員の距離が近い

海外の接客スタイルは基本的に客と店員の距離が近いです。例えるなら、よく会うご近所さんのような感じです。

ただレジでお会計をしているだけでも、「今日は天気がいいね~」とか「How are you?」のようなご近所さんとするような会話をします。

レストランでは「料理はどう?美味しい?」という確認をしに来てくれたりもします。日本ではあり得ないような距離感ですよね。

まとめ:海外に行ったら接客に対しての考えが変わるかも

日本と海外の接客スタイルは対照的で、好みが分かれるところだと思います。日本を出たことがない方は、一度海外の接客を体験してみると接客に対しての考えが変わるかもしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です