【必見】紙辞書より絶対に電子辞書!効果的な使い方を徹底解説

みなさんは電子辞書派ですか?それとも紙辞書派ですか?

それぞれ良いところがありますが、私は絶対に電子辞書をオススメします。

今回の記事では、電子辞書のオススメの使い方を徹底解説します。

スポンサードサーチ

電子辞書が良い理由

紙辞書に比べて電子辞書が優れている点は3つあります。

音声が搭載されている

紙辞書と電子辞書の圧倒的な差はこの「音声機能」があるかどうかだと思っています。ネイティブスピーカーの発音を聞く機会がなかなかない日本では、本当に重宝する機能です。

時短

2つ目は時短です。電子辞書で単語を検索すると3秒ぐらいで見つけることができます。紙辞書だと3秒ではさすがに見つけられないと思います。知らない単語はどんどん出てくるので、調べることへの負担を減らし、英語学習へのストレスを軽減することができます。

小さなことだと思われるかもしれませんが、この小さなことの積み重ねが英語学習を遠ざけてしまう原因にもなります。

辞書の種類が多い

大抵の電子辞書には、英和辞書が最低2つ以上入っており、簡単に2つの辞書で調べることが可能です。理解しにくい解説が書いてある場合もありますので、2つ以上の辞書で調べることができるのは電子辞書の大きなメリットです。

電子辞書の効率的な使い方

意味は全て確認

一番上に出てきた意味だけ確認して終わっていませんか?

それは絶対にやってはいけないことなので今すぐやめてください。

ほとんどの単語には2つ以上の意味があり、使い方や状況などによって意味が変わってきます。辞書を引いた時は、必ず一通り意味を確認しましょう。

名詞は可算名詞か不可算名詞かを確認

名詞には可算名詞と不可算名詞があります。

可算名詞:dog → dogs

不可算名詞:furniture → ×furnitures

英語学習を始めてまだ間もない方は、可算名詞かどうかを意識することで文法レベルがグングン上がっていきます。

発音・アクセントを確認

発音やアクセントは辞書を引いたときに一緒に覚えてしまいましょう!

電子辞書を持っている方は、音声を流して、真似して何回か発音してみてください。このひと手間をしないと、知っていても話す時に使えない単語が増えてしまうのでもったいないです。

文章を作成する

最後に、辞書に書いてある例文を参考に、引いた単語を使って自分のオリジナルの文章を作ってください。この作業で単語の記憶率が上がり、意味を覚えるだけでなく自分のものにすることができます。

ブックマークしておくべき辞書サイト

とは言っても電車の中で電子辞書を開くことはできませんよね。そんな時に便利なのが辞書サイトです。私はweblio英辞郎をよく利用しています。

ぜひブックマークして活用してください!

これから英語学習を始めようと思っている方は、一つ電子辞書を買っておくことをオススメします。

それでは;)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です