【体験談】クリボッチなんていう概念はない!イギリス人のクリスマスの過ごし方

今日はクリスマスイブですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

日本ではカップルでイルミネーションを見に行ったりディナーに行くのが定番な過ごし方ですよね。彼氏、彼女がいない人(いわゆるクリぼっち)同士でパーティーをする人もいると思います。でもイギリスにはクリボッチという概念はないんです。

本記事では、イギリスのクリスマスをご紹介します。

スポンサードサーチ

始まりは12月

イギリスのクリスマスムードは12月からスタートします。クリスマスマーケットが始まり、街中もイルミネーションで彩られます。クリスマスマーケットではウィンナーやワッフルなどの食べ物の他に小物も売られていて見ているだけで楽しいです。

クリスマス当日

クリスマス当日は、スーパーもレストランも全て完全に閉まります。水が必要になりスーパーに向かったのですが、現地の方に、今日はどこもやってないと思うと言われて泣く泣く諦めて帰りました。

イギリスでは、クリスマスは仕事をお休みして家族と過ごします。過ごす相手は恋人ではないんです!なのでクリボッチという概念はありません。

恋人と過ごすクリスマスもロマンティックですが、家族との時間を大切にする文化、素敵だなあと思います。

ボクシングデー

みなさんがイメージしたボクシングとは多分違うと思います(笑)

クリスマスの翌日、26日からBoxing Dayと呼ばれる大大大セールが始まります!25日の静けさから一転、街はたくさんの人で賑わいます。日本のお正月のバーゲンに似た雰囲気です。

期間限定のテーマパーク

クリスマス期間中、ロンドンに、「ウィンターワンダーランド」というテーマパークが誕生します。絶叫系のアトラクションなどがあり結構本格的です。私は外から眺めるだけでしたが、テーマパークが好きな方は、ウィンターワンダーランドが開催されている時期を狙ってロンドンに行くのもありだと思います。

それでは:) 素敵なクリスマスをお過ごしください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です