【実践】入国審査では○○に全神経を集中させよ

海外に行く時に絶対避けられないのは何ですか?

…そう、入国審査です(無理やり感満載)

ということで、本記事では入国審査をスムーズに行うための秘訣をご紹介します。

スポンサードサーチ

そもそも入国審査とは?

入国審査とは、飛行機を降りた後に行われる入国のための審査のことです。審査のために、パスポートを提示したり、指紋を採取したりする必要があります。

滞在の目的や場所、期間などについての質疑応答も行われるので、英語に自信がない方は海外に行く時の不安要素になると思います。後ろにずら〜とたくさんの人が並んでいて、視線を感じている中で時間がかかってしまうと少し気まずいですよね。でも、次の項目でご説明する方法を実践すればその心配は無くなります!

質疑応答のコツ

聞かれる内容はだいたい同じようなことです。経験上、滞在目的、滞在場所、滞在期間が3大よく聞かれる質問です。

英語にするとこんな感じ。

目的: What’s the purpose of your stay/visit?

場所: Where will you stay?

期間: How long will you stay?/How many days will you stay?

一字一句同じように聞かれるかと言われたら違うと思いますが、ほぼ同じ文章で聞かれると思います。

上記の質問に答える上で一番重要な部分はどこだと思いますか?

正解は、最初の単語です。

もちろん”where”が来たら100%ホテルの場所を聞かれているとは限りません。ただ、入国審査という状況で”where”が最初に来たらホテルの場所を聞かれていると思って間違いないでしょう。他の質問も同様に、「入国審査」という状況を踏まえると、”How”がきたら日数、”Whats’s”がきたら目的と判断することができます。

TOEICにも応用可能

このように聞き取れた単語から想像することは、英語学習をする上で非常に重要なことです。

文頭の単語から想像して答える方法はTOEICのリスニング問題にも応用できます!(もちろん、例外もあります。)

これから海外に行く予定がある方は、ぜひ文頭に全神経を集中して入国審査を乗り越えてください!

それでは;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です