未分類

TOEIC前日と当日の過ごし方|点数が50点変わるかもしれません

TOEIC前日や当日って、今更勉強しても点数変わらないや~と思いがちですが、前日と当日の過ごし方によっては50点近く点数が変わってもおかしくないくらい試験の出来に関係があります。

TOEIC前日の過ごし方

まずは、TOEIC前日のおすすめの過ごし方をご紹介します。

模試を解く

約2時間というTOEICの長さに耐えられるよう、前日は模試を通して解きましょう。できれば、当日の試験時間と同じ時間に行っておくと、より効果的です。

模試を解いた後は、いつも通り答え合わせをして、単語の確認などを行います。

ベッドで単語を復習

寝る前にベッドの上で単語の確認を行います。TOEIC界では有名な金のフレーズがおすすめです。

寝る直前に単語の確認を行うのは、一番記憶に定着しやすい時間帯だからです。詳しい理由についてはこちらの記事をご覧ください。

参考:英単語の暗記に最適な時間帯はいつ?

翌日のTOEICに備えて早めに寝る

これが一番大切です。

翌日のTOEICに備えて、前日は早めに寝ましょう。TOEICは運動ではありませんが、物凄い集中力を使うので体力が必要です。

特にリスニングは一瞬の集中力の欠如が命取りになるので、前日は睡眠をたくさんとって当日に備えましょう。

TOEIC当日の過ごし方

次にTOEIC当日の過ごし方です。TOEICは公開テストの場合11時45分から受け付け開始なので、当日も意外に時間があります。

朝ご飯をしっかり食べる

TOEIC終了時刻は15時15分なのでお昼ご飯をどうしようか迷うところですが、満腹状態は眠たくなり集中力が欠けてしまいますので、お昼ご飯は食べないのがおすすめです。

お昼ご飯を食べなくてもいいように、朝ご飯はいつもより少し多めに食べましょう。少し遅めの時間に食べるのも一つの手です。満腹もいけませんが、おなかがすきすぎていても集中できないので、各自自分のベストを見つけてください。

オーバーラッピングで英語脳に

朝ご飯を食べ終わったら、リスニング問題のCDを使ってオーバーラッピングを行います。オーバーラッピングで英文を聞く、見る、話すことによって脳の状態を英語モードに切り替えることができます。

オーバーラッピングの詳しい方法についてはこちらの記事でご確認ください。

参考:オーバーラッピングの効果がすごい|シャドーイングとの違いは何?

前日に確認した単語の復習

会場までの電車や会場についてからの時間は、前日にベッドの上で確認した単語を復習します。先ほど紹介した金のフレーズに載っている単語は本当にTOEICに出てくる単語ばかりなので、直前に覚えた単語が問題に出てくることも少なくありません。

何回もTOEICを受験していく中で見つけ出した、TOEIC前日&当日のベストな過ごし方をご紹介しました。TOEICを受験後にした方がいいことについての記事もありますので、そちらも併せてご覧ください。

参考:【必見】TOEIC終了後にしておくべき3つのこと

ABOUT ME
ティンク
英語力(資格:TOEIC950点、英検準一級)やイギリスへの留学経験、海外旅行好きを活かして役立つ情報を発信中!興味のある方は是非目を通してみてください:)