【疑問】Happy New Yearに”a”は必要?

あと10日で今年が終わりますが、年賀状の準備は進んでいますか?

本日のテーマは、”Happy New Year”に”a”が必要かどうかです。

年賀状を選ぶ時に、この疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか。

英語を勉強中の方の中でも意見が分かれると思います。

結論を言うと、Happy New Yearに”a”が必要かどうかは場合によります。

わかりやすく解説していきます!

目次

  • 必要な時
  • 不要な時
  • 理屈

〈必要な時〉

クリスマスシーズンが近づいてきて、街中でクリスマスソングを聴く機会が増えてきましたね。クリスマスソングの中でも定番の”We wish you a Marry Christmas We wish you a Marry Christmas We wish you a Marry Christmas and a Happy New Year”という曲を聴いたことありますでしょうか?

この曲の中にヒント、というか答えがあります。

クリスマスの後に実は新年も祝っていたんです…!

この歌詞のように”I wish you a happy new year!”などといった文章で使う時は”a”が必要になります。年内最後のメールのやり理になりそうな時に、文章の最後に入れたりして使います。

〈不要な時〉

不要な時は挨拶として使う時です。

例えば、”Happy Birthday!”とか”Marry Christmas!”と言う時には”a”は付けないですよね。”Happy New Year”もこれらと同じ類のものと考えていただくとわかりやすいと思います。

口頭で挨拶する時も不要です!

〈理屈〉

最後に理屈ですが、あまり深く考えずに、こういう時は必要なんだなと言った感じで覚えてしまうのがおすすめです。

また不要なのに入れてしまった場合でも意味は通じるので気にしなくて大丈夫です!

皆さんの疑問を解決できましたら幸いです。

それでは:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です