新卒で英語を使う仕事に就職するには?

先日このようなツイートをしました。

TOEICの点数が930点で英語力に自信があり、英語が好きだったので英語を使う仕事がしたいと思っていました。いざ就活を始めてみるとどの企業に行けば英語を使って働けるのかわからず、そしてそのような企業がなかなか見つからず苦労しました。

スポンサードサーチ

英語を使う仕事に就職するのに必要な英語力は?

英語を使う仕事に就職するのに必要な英語力は、職種により異なります。新卒で就活を行う場合、TOEIC800点程度あると英語が得意というアピールにはなります。ですが、英語を使う仕事に就職したい人は英語力が高い人が多い傾向にあるので900点は欲しいところです。

参考:【就活生必見】就活で使える英語資格とは?TOEICは最低600点は必要

英語を使う仕事は何がある?

どの程度英語を使うのかという縛りなく、少しでも英語を使う仕事と考える以下のような仕事があります。

通訳、翻訳、秘書、バイヤー、貿易事務、英文事務、CA、グランドスタッフ、免税店、旅行会社、ツアーガイド、観光案内所

新卒で通訳者や翻訳者にはなれない

英語が得意で「英語を使う仕事がしたい!」と思っている人の中には通訳者や翻訳者になりたいと思っている人もたくさんいると思います。私もその一人でした。ただ実際、新卒で通訳者や翻訳者になるのはよっぽど実力がない限り不可能です。新卒で通訳者や翻訳者になりたいと思っている人は、学生のうちから通訳学校や翻訳学校に通って勉強するのがおすすめです。

通訳・翻訳エージェントは新卒じゃなくて社会人経験ありの人材を求めている

通訳者や翻訳者が無理なら、その仕事内容を知ることができる通訳・翻訳エージェントでコーディネーターとして働くことはできないのかな?

と思った方もいらっしゃると思います。私もそうでした。

ですが色々調べたのですが、新卒ではなく社会人経験のある人を求めているところが多かったです。新卒採用をしている会社もありますが、かなり狭き門になります。

通訳や翻訳系の仕事をしたい人は、既卒向けのサイトから会社を探して、電話などで新卒採用をしていないか聞いてみるという探し方もあります。



新卒で英語を使う仕事は何がある?

じゃあ新卒で就職できる英語を使う仕事は何があるのか?というと事務か営業の二択になります。

英語を使う事務職

貿易事務や海外と取引のある商社やメーカー、旅行会社の事務職は新卒で就職しても英語を使って働くことができます。ただやり取りする内容が毎回同じで、テンプレートのようなものがある場合も多いので、英語力を存分に活かして働きたいという人には物足りないかもしれません。

海外と取引がある会社の営業職

海外と取引がある会社の営業職は出張や海外転勤があるところも多く、英語を使って働くことが可能です。ただ、新卒で就職してすぐに海外出張があるかと言えば、それはなかなかありません。また、海外と取引のある部署に必ず配属されるとも限らないので少しリスクがあります。

MEMO

ちなみにですが、海外で働きたい人は外資系の企業に就職してはいけません。

まとめ:新卒で英語を使う仕事に就職するには会社選びが大切

新卒で英語を使う仕事に就職することは可能ですが、会社選びが重要です。新卒で就活する場合は企業説明会で直接会社の人の話を聞く機会も多いので、その時ン単刀直入に英語を使うかどうか聞いてみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です