【考察】日本人のスピーキング力が他国に比べて低過ぎる理由

小学生から英語が必修科目となっていますが、話せる人はどれくらいいるのでしょうか?

※話せると言ってもレベルは様々なので、ここでは「道案内ができる」や「注文ができる」を目安にします。

イギリス留学した際に、日本人学生が圧倒的に他国の学生に比べてスピーキング力が劣っていることにショックを受けました。

そこで、私なりに日本人が英語のスピーキングが苦手な理由を考えてみました。

スポンサードサーチ

そもそも先生が話せない

学校の先生全員が話せないわけではないと思いますが、実際問題、話せる教師は少ないと思います。ここで言う話せるは、先ほどの「道案内ができる」レベルよりは2、3歩上のレベルを指します。

私の大学時代の友人で、大学の中でも英語力が高かった友人たちは教師にはならずに、通訳業務のある旅行会社や英会話教室などに就職していました。英語が好きで英語力を活かして働きたいという人で、教師を目指す人は少ない印象です。(もちろん高い英語力を持って教師になる人もいます。)

学校生活を振り返ってみると、先生が英語を話しているところって聞いたことないような…?と気づきました。教科書の音読をしているのは聞いたことはもちろんありますが、話していることにはなりませんよね。

先生が英語を”話せる”のであれば、自然と英語を聞く機会も増えていくでしょうし、授業の中でスピーキングを取り入れやすくもなると思います。

教育現場の生の声が気になります。

英語っぽく話すのがダサいという謎の風習

中学や高校で英語のスピーキングをする時、英語っぽく話すのがダサいみたいな風習ありませんでしたか?私の周りには、英語っぽく話す(ネイティブに近い発音を目指している)人を馬鹿にして笑っている人がたくさんいました。

私は小心者だったので、笑われないようにあえてカタカナ英語で話していました。今思えば他人の目など気にせず自分なりに英語っぽく話せばよかったのに…と少し後悔しています。

このような謎の風習があるせいで、話すことを躊躇いどんどん話すことが苦手になっていってしまうんです。

スピーキングの練習をした回数がほぼゼロ

何事も練習しなければ上達しません。それはスピーキングも同じです。

中学高校の英語の授業を思い出してください。英語の授業の中でスピーキングを練習した回数はどれくらいありましたか?

“Hello! How are you?”

“I’m fine. Thank you. And you?”

“I’m fine too.”

みたいなお決まりのやりとりをスピーキング練習に数えてはいけませんよ。

これはもはや英語の練習ではなく発声練習です。

私自身も振り返ってみましたが、スピーキングの練習したのは英語の授業全体の1割にも満たないのではないかと思います。

これではスピーキング力はあがりませんよね。練習していないんだから。

スピーキングは練習あるのみ

ここまでスピーキング力が上がらない私なりの考えをお伝えしてきましたが、いかがでしたか?2020年には東京オリンピックが開催されるので、国民レベルで英語力アップが求められます。

スピーキングは練習あるのみなので、英会話カフェや英会話教室を利用してみるのもひとつの手だと思います。

それでは;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です