留学

【留学あるある】帰国後に起こる逆カルチャーショック

イギリスに留学開始時は、日本とイギリスの文化の違いにカルチャーショックを受けましたが、日本に帰国後もカルチャーショックを受けました。

いわゆる逆カルチャーショックです。たった1年海外に住んでいるだけで、カルチャーショックを受けるとは自分でもびっくりしました。

一体どんなカルチャーショックを受けたのか、ご紹介していきます。

バスも電車も友達も時間に正確

日本にいたら、電車やバスが時間に正確にくることが当たり前になっていますが海外では時間通りに来ることのほうが少ないです。帰国後はその正確さに驚きました。

友達と待ち合わせをする時も同じで、イギリスにいた時は、大抵の(日本人以外の)友達は集合時間に遅れてきました。この感覚を持ったまま日本に帰ると、友達を待たせてしまうことになるので危険です。

イギリス留学後に時間にルーズになった自覚があります。よろしくないですね。

相槌の回数が英語の3倍

英語で話す時は、日本語で話している時より相槌が少なくなります。相槌をしすぎると、相手に話を適当に聞いていると思われてしまうからです。

そのため、日本に帰ってきて友達や家族と話しているときに、あいづちの多さが気になりました。

逆に、私はあいづちをしないことが癖づいていたので「話聞いてる?」と言われることがよくありました。帰国当時は誤解を招くといけないので、意識して相槌をするようにしていました。

褒められた時の反応が真逆だった

多くの日本人は、褒められると「そんなことないですよ~」「いやいや~」などと否定することが多いですよね。

イギリスでは違いました。褒められると「Thanks!」などと言って、ありがたく受け入れていたんです。みんながそういう反応だったので、最初は「そんなことないよ~」という感じで反応していましたが、私自身も褒められることがあれば、「ありがとう」と感謝の言葉を返すようにしました。

否定をしないで感謝を伝えることで、褒めてくれた相手の気分もよくなりますし、自分の自信にも繋がると感じています。

まとめ

留学経験がある方には共感していただけたかと思います。

周りの友達が逆カルチャーショックを受けていたとしても”海外かぶれ”と思うのではなく、ただ純粋にカルチャーショックを受けているだけなので優しく見守ってあげてください。

1か月もすれば元通り日本になじむと思います!

それでは:)

ABOUT ME
ティンク
英語力(資格:TOEIC950点、英検準一級)やイギリスへの留学経験、海外旅行好きを活かして役立つ情報を発信中!興味のある方は是非目を通してみてください:)