三単現のSを付けないと会話が通じないって本当?三単現を克服しよう

・三単現って何?
・三単現のSはどうやって付けたら良いの?

こんな疑問を解決します。

結論、三単現のSを付けなくても会話は通じます。

ただ、相手に違和感を与えるのでマスターすることに越したことはありません。

スポンサードサーチ

三単現とは

三単現とは、人称在形の省略形です。

三人称単数とは、「私」と「あなた」と「みんな」以外のことです。

「私」と「あなた」と「みんな」以外に何が残っているかと言うと、「彼」や「彼女」、「ヒトミ(人名)」などです。これらに現在形という条件が加わると三単現になります。

三単現のSの付け方

三単現のSの付け方は単語によって異なります。

Sをそのまま付ける

ほとんどの動詞は、単語の最後にSをそのまま付けるだけでオッケーです。

work→works speak→speaks talk→talks meet→meets

ESを付ける

単語の終わりが、-ch, -s, -x, -zの時と、単語の末尾が子音字+oの単語はesを付けます。

reach→reaches teach→teaches pass→passes fix→fixes do→does

YをIに変えてESを付ける

単語の末尾が子音+yの時はyをiに変えてesを付けます。

study→studies cry→cries deny→denies 

三単現のSに慣れる方法

とにかく繰り返し触れることが重要です。本を読むことで、三単現のSの規則を知らない間に身につけることができます。通勤や通学時間に英語のニュースを読んだり、簡単な英語の本を読むのがおすすめです。

三単現に関しては、慣れて覚えるしかないので少しずつ覚えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です