未分類

【疑問】海外のバレンタインデーは何をする?

冬は何かとイベントが多いですね。クリスマス、年末年始、そしてバレンタインデー。バレンタインデーは元々カップルのためのイベントでしたが、友チョコや義理チョコなどと言うように、恋人以外にチョコレートをプレゼントをすることもあると思います。義理チョコなんて誰が始めちゃったの・・・

バレンタインデーをイギリスで過ごした経験のある私が、イギリスのバレンタインデーについてご紹介いたします。

イギリスではカードを送る

バレンタインデーが近づいてくると、スーパーにはバレンタイン向けのカードがずらっと並びます。メッセージの内容は”Happy Valentine’s Day”や”You are my valentine”など恋人に向けたものがほとんどですが、”Best husband”など旦那さん送る用のメッセージカードもあります。

日本では旦那さんにバレンタインのプレゼントを贈る習慣はないので、旦那さんあて用のメッセージカードがあることに驚きました。夫婦になってもバレンタインをお祝いする関係は素敵ですよね。

プレゼントの定番は他にも

イギリスのバレンタインデーのプレゼントはカードだけでなく、花束やアクセサリー、チョコレートも定番のプレゼントです。この辺りは日本でもプレゼントする人は多いのではないでしょうか。

特にアクセサリーショップはバレンタインが近づくととても込み合います。女性へのプレゼントとしてアクセサリーはどこの国でも定番みたいですね。

友チョコ、義理チョコの概念はない

イギリスには友チョコ、義理チョコの概念はありません。

つまり、イギリスではバレンタインデーはカップルや夫婦のためだけのものであり、シングルの人たちには関係のないイベントなんです。

友チョコや義理チョコはイベントに参加している感じがして楽しい気分になりますが、トラブルの原因にもなるので、個人的にはそういう文化がないのはいいなと思いました。

まとめ

イギリスのバレンタインデーをご紹介しましたが、いかがでしたか?

今年のバレンタインデーは、プレゼントにカードを添えてみてはいかがでしょうか。

メッセージを添えるとさらに喜んでもらえると思います!

それでは;)

ABOUT ME
ティンク
英語力(資格:TOEIC950点、英検準一級)やイギリスへの留学経験、海外旅行好きを活かして役立つ情報を発信中!興味のある方は是非目を通してみてください:)