英語で聞き返す時の表現方法 Pardon?以外に知っていますか? 

英会話を始めると、必ず聞き取れない時が出てきますが、“Pardon?”ばかり使っていませんか?

日本語でも、友達には「ん?」とか「え?」で聞き返すことがあると思いますが、先輩や上司には使いませんよね。このように英語にも相手や場面によって最適な聞き返し方が変わってきます。

カジュアル度合いごとにご紹介いたします。

スポンサードサーチ

仲の良い友達に聞き返す時

親しい友達にしか使ってはいけない表現をご紹介します。

Huh?

こちらはとてもカジュアルな表現なので、信頼関係の築けている親しい友達にだけ使いましょう。日本語で言うと、「え?」「ん?」に近いです。

What?

日本語で言うと「は?」と言っているのに近く、あまり印象が良くないのでおすすめしません。

一般的な聞き返す時

友達に使っても、ホテルやレストランのスタッフの方などに使っても違和感のない表現をご紹介します。

Pardon?

英検の面接試験で聞き返す表現と言えば”Pardon?”ですよね。

Sorry?

日本語では「ごめん?」とは聞き返さないので少し違和感があるかもしれませんが、相手に不快感を与えずに簡単に聞き返すことができる便利な表現です。

Excuse me?

語尾を上げて言わないと聞き返していると思ってもらえないので注意が必要です。

丁寧に聞き返す時

先輩や先生などにも使える丁寧な表現をご紹介します。

一般的に英語は文章が長くなればなるほど丁寧になると言われています。

今までご紹介してきたものは一単語でしたが、ここからは文章になります。

Could you say that again?

丁寧で便利な表現です。CouldをCanに変えるとカジュアル度が増します。

Could you rephrase that?

言っている意味が分からなかった時に、違う言い方で言ってもらうための表現です。

電話で聞き返す時(おまけ)

最後に、電話で聞き返す時の表現を2つご紹介します。

Hello?

いわゆる、もしもし?にあたる表現です。カジュアルな表現なので親しい間柄の人だけに使いましょう。

I can’t hear you very well.

よく聞こえない時に使います。こちらはビジネスでも使える表現です。Sorryを付けるとより丁寧です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?聞き返すだけでも様々な表現があるので、たくさん覚えて適切なフレーズを使えるようにしましょう!

それでは:)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です