【疲れた】時に使える便利な英語表現7選

I’m tired.以外に疲れたの言い方ってないのかな?

と考えている方に向けて、様々な「疲れた」の表現を例文付きで徹底解説します。

スポンサードサーチ

一般的な疲れた

Tired.

“I’m tired.”は、疲れたの定番表現ですよね。比較的広い意味で使用します。

例文
I’m tired after taking classes.
授業疲れた。

Tired out.

“I’m tired.”に“out”を付けるだけで、疲れ切ったという意味になり、疲労度があがります。

例文
She looks tired out.
彼女は疲れ切ってしまっているようだ。

Exhausted.

“tired”の次によく目にする表現ですよね。体力・精神的に疲れ果てた時に使います。

例文
He is exhausted from studying.
彼は勉強で疲れ果ててしまった。

Weary

身体的・精神的に弱っていてしんどい時に使います。

例文
I am weary from high fever.
高熱でしんどい。

Burnt out

“burn”は元々「燃える」という意味があり、“out”をくっつけて燃え尽きた時に使うことがあります。燃え尽きた時に使うので、何かを長く続けていてそれに疲れてしまった時に使います。

例文
My mother is burnt out from working too much.
お母さんが仕事のし過ぎて疲れ果ててしまっている。

カジュアルな疲れた

友達同士の会話で使える疲れたの表現をご紹介します。

Dead tired

文字通り死ぬほど疲れた時に使います。

例文
I’m dead tired.
死ぬほど疲れた。

Beat

“beat”の本来の意味は、「叩く」「殴る」を意味しますがヘトヘトに疲れたという意味もあります。

例文
I had a meeting, and I’m beat.
会議に出てもうヘトヘトだよ。

その時の疲れの種類や度合いに合ったものを選んで、積極的に難しい単語も使っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です